スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

自作PC パーツ紹介

 2009-07-29
今回のPCですが、もともとWindows7の発売後に作ろうと思ってましたが、ケースを先に買ってしまったため雪崩式に他のパーツも買ってしまいました(笑)。当初の予算は5万でしたが、あれよあれよと言う間に7万オーバーになってしまいました(笑)。しばらくはXPで我慢です。
それではPCの各パーツを紹介します。

■ケース、電源
20090729-1.jpg
Antec Sonata Plus 550

今回は静音がテーマだったので、静音で評判のAntecを中心に物色しました。今回購入したAntec Sonata Plus 550はSoloにAntec最高峰の電源NeoPower550を搭載したものです。
さすがに静音を謳うだけあって遮音パネルやHDDをシリコンでマウントしたりなど随所に工夫が見られます。電源容量も私には充分な容量です。実際は見た目で決めた部分が大きいですが・・・。
発売日が2007年12月8日と古く店頭ではほとんど見ることができません。ネットで買うタイミングをはかっていましたが、だんだん在庫が無くなってきたので慌てて購入しました。
ケースのリアには、3段階のスピード調節機能付いた120mm TriCoolファンが標準で付いてますが、LOWに設定しています。

■ケースクーラー
20090729-2.jpg
Antec TriCool 92mm DBB

HDDの冷却用にクーラーを2つ購入。ケースと同じAntecにしました。回転速度を3段階で調整できますが、とりあえずLOWに設定してます。

■マザーボード
20090729-3.jpg
GIGABYTE GA-EP45-UD3R

売れ筋No.1のマザーボードです。ネット上での情報も多くOC耐性も強そうなので決めました。もともとGIGABYTE好きというのもありますが。

■CPU
20090729-4.jpg
Core 2 Quad Q9550(2.83GHz,L2 6MB×2)

Core 2 Duo E8400で我慢しようとしていたのですが、Core 2 Quad Q9550がどんどん値下がりしてきていたため予定変更。PCの利用目的からすれば完全なオーバースペックです。

■CPUクーラー
20090729-5.jpg
Scythe 鎌アングル リビジョンB (SCANG-1100)

当初はScythe ANDY SAMURAI MASTER(SCASM-1000)を考えてましたが、ケースサイドにダクトがなくトップフロー型のクーラーだとエアフローが悪くなるとの記事を読み、急遽サイドフロー型に変更。人気の高い鎌アングル リビジョンBにしました。このケースに実際に取り付けられるか不安でしたが、マザーボード、ケースとの干渉もなく取り付くことを確認し購入。店員さんによると人気商品で直ぐに売り切れるらしいのですが、入荷直後だったのでラッキーでした。
前の自作機はPentium 4 2.8Cでリテールクーラーを使っていたのですが、最近のCPUクーラーの大きさと重さにビックリしました。

■メモリ
20090729-6.jpg
Pulsar DCDDR2-4GB-800(2GB×2)

これも定番のメモリです。一時期4千円以下で売ってましたが、そこから一旦値上がりし、また下がってきました。買うタイミングが一番難しいパーツです。とりあえず4GBあれば十分でしょう。OSの認識外領域はRAMDISKにしIEのキャッシュに使ってます。

■VGA
20090729-7.jpg
SAPPHIRE Radeon HD 3450 256MB DDR2 PCIE

現行PCのモニターを20インチに変更したとき、AGPのビデオカードのドライバーが1680×1050の解像度が出せませんでした。使っているマザー(ASUS P4V800D-X)はAGP以外にPCI-Eスロットもあり、単純に安いビデオカードを買ってきて付けてみましたが、1回目は起動できたのですが2回目以降BIOSも起動しなくなりました。ネットで調べると、このマザーのPCI-Eはx16動作せずx4でしか動作しないようです。相性が悪かったと諦めて1年間寝かせておきました。ちなみに現行PCはOmega Driverを使うことで無事に1680×1050を使っています。

■HDD
20090729-8.jpg
WESTERN DIGITAL WD10EADS-M2B(1.0TB、SATA)

回転速度より容量と静音性を重視しました。WD10EADSは既に2台所有してますが結構静かです。M2Bは従来の334GBプラッタ×3枚が500GBプラッタ×2枚構成になっているそうですがどうでもいいかな(笑)。
WD製は未だに一度も壊れたことはありません。よく壊れるメーカーもありますが・・・。

■内蔵ドライブ
20090729-9.jpg
I・O DATA DVR-SH22LEB(SATA)

最近の光学ドライブはどれも高速に書き込みができるので、あまりこだわりはありません。選定条件は2つ。1つ目はブラックベゼル。2つ目は使い慣れてるB's Recorderが付属していること。
それで条件を満たすこの製品になりました。採用しているドライブは日立LGデータストレージ製らしいです。昔は結構ドライブとメディアの相性がありましたが最近はどうなんでしょう(※1)。まぁCDとDVDが普通に焼けたら問題ないと思っていましたが、実際に使ってみるとかなり五月蝿いです。ちょっと後悔してます。

※1 同じメディアに同じソフトでDVDを焼いたとき、PLEXTOR製だとPS2で読めなかったことがありNEC製に乗り換えた経験があります。普通メディアを替えるだろうと言うツッコミはなし(笑)。

■スピーカー
YAMAHA YST-M15

初代マシンから使っているものを流用します。可もなく不可もないスピーカーですが、ちゃんと音は鳴るのでもう暫く使います。ただ最近Logicool Z4を買おうか思案中です。

■キーボード、マウス
キーボード、マウスは現行PCから流用します。キーボードはMITSUMI製でタッチが好きで6年ほど使ってます。マウスはMicrosoftの光学式マウスです。

■完成写真(ケース内部)
20090729-10.jpg

一番苦労したのがケーブル類を束ねるところでしょうか。エアフローを確保するのに綺麗に束ねたいところですが、長いうえに固くてなかなか上手くできません。途中で嫌になって適当になってしまいました。とりあえずこのまま様子を見ようと思います。

■完成写真(フロント周り)
20090729-11.jpg

現時点で3台の1TBのHDDが載ってます。あと1台増設可。2台のHDDファンで冷やしてくれます。

■今後の予定(欲しい物)
【USB外付け型 デジタル3波チューナー】
できればTVが見たいなぁ。なかなかいい製品が見つからない。バッファローとエスケイネットの地デジチェッカーではいずれも問題なし。

【24インチクラスのフルHD液晶モニター】
「Diamondcrysta WIDE RDT231WM か RDT231WM-S」と思ってましたが、「LG電子 W2486L-PF」も捨てがたい。と思っていたらサムスンからもLEDバックライトの「SyncMaster XL2370」も出てきて悩みます。やっぱりチューナー付けるならフルHDで見たいですね。

このあたりは財布と相談しながらになります。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。