スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2008年釣行記No.9

 2008-06-07
20080607.jpg
6:15~10:45 青野ダム
2週間ぶりに青野行ってきました。いつもより早めに起きていくつもりが寝坊してしまい、結局いつもより1時間遅れでスタート。
周回道路を走っていると何処も車がいっぱい。湖翠荘周辺から始めるも先行者2名。邪魔にならところで投げていると先行者はすぐに移動していきました。全体的に水は濁り気味で、ベイトはいるもののバスの姿は全く確認できず。2時間ほど粘りましたがアタリすらなし。青野川に移動。
いつも最初に釣り始めるところでバスを発見。スモラバを投入するもすぐに逃げていきました。ここで釣れなかったら今日は坊主だなと思った場所でも釣れず。どこかにバスいないかなと藪漕きしながら探していると流れ込みでデカバス発見。ここでもスモラバで逃げられました。
さらに藪漕きを続けると、別のちょろちょろの流れ込みでデカバス発見。すぐ隣にはかなりデカい雷魚も。急斜面の上からで、しかも枝が密集しているところだったので、万が一掛かっても取り込みが難しいかなと思い、キャストできる場所を探して道なきところを降りて行きました。
なんとかキャストできそうなところを見つけましたが、アンダーキャストしかできない状態です。かなり障害物があるところなので、本来ならラバジとかテキサスを投げるところですが、私の場合一番ピンポイントに狙える自身のあるダウンショットを選択。根掛かりのことは考えません。1投目狙った場所に決まり暫く放置しているとロッドに重みが。思いっきりフッキングしたいところですが、木が邪魔でスイープに合わせました。周りは障害物だらけで取り込みのも大変です。枝に巻かれましたがウェーダーで腰までつかり何とかハンドランディングしました。
47cmのナイスバスです。1匹釣るのにこんなに知恵と勇気を振り絞ったのは初めてです。足が震えるほどの会心の1匹でした。
たぶん小バス1匹でも釣っていたら、このバスに会うことはなかったでしょう。その後アベックも行きましたが放心状態で釣りにならず早めに納竿。結局今日は流れ込み以外でバスの姿は見つけられませんでした。

次回は会社の後輩ら4名と青野に行く予定です。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://myststream.blog65.fc2.com/tb.php/425-14c65c5a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。