スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スリムケース購入

 2009-08-04
ここ最近PCパーツを買い漁ってます(笑)。今回はスリムケースです。現在のメインPCは自作4号機に移行し静音に満足してます。
旧メインマシン(MB:ASUS P4V800D-X CPU:Pentium4 2.8C GHz Northwood MEM:DDR400 512MB×4)をそのまま長女のマシン(Celeron 2.8GHz MEM:512MB)に置き換えようと思いましたが、ケースがダサいし電源から爆音がするので、電源を交換するだけでなくケースも新調しました。ATXマザーとATX電源を入れられるケースはいくつかあるのですが、見た目でValueWave CP-505WHにしました。

20090804-1.jpg

左が旧メインマシン、右が今回購入したCP-505WHです。白い筐体に緑のワンポイントはXBOXのようです。もっとスリムでロープロファイル対応のケースもありましたが、あまり小さすぎると熱もこもるし作業もし難いのでこのサイズがベストかなと思います。それでもケース内部に余裕はないのでATX電源もコンパクトなAQTIS AP-550FS/PS3にしました。

20090804-2.jpg

この電源は奥行が123mmと通常より短く、プラグイン形式のケーブルを採用していますので必要なケーブルだけ接続すれば済みます。電源容量は550Wで、現在の構成ではオーバースペックですが、近い将来LGA775のマザーに載せ替えるでしょうからちょっと余裕をみてます。

20090804-3.jpg

まず電源を取り付けてみました。さすがにコンパクトで長いVGAカードも差せそうです。

20090804-4.jpg

次にマザーを取り付けました。若干余裕があるように見えますが・・・。この時点で電源を入れて動作確認しようと思いましたが、何回電源いれても起動しません。ケーブルを何回も差し直してもダメ。やばいと思いましたが、落ち着いてもう一回配線を見直すと、ケースのPWRスイッチをマザーに差す位置が1つずれていました。先にマザーを取り付けてしまったので差し難かったんですよね。ちゃんと差し直したら無事にBIOS画面が表示され一安心。

20090804-5.jpg

次にDVDドライブ、HDDを付けるとかなり窮屈です。とくにDVDドライブ、HDDともIDE接続ですのでフラットケーブルの取り回しに苦労しました。次は間違いなくSATAにするでしょう。苦手なケーブル配線は適当に整理して終了(笑)。

長女のPC環境は2日前に移行が終わっていたので早速起動すると無事に起動しました。しばらく動かして温度を測ってみましたが旧筐体より5℃くらい下がってました。ケースのファンは後方に2つ、上面に1つ、右側に1つの計4つも付いてるからかな。肝心の音ですが、静音とまではいきませんが前の爆音に比べたらかなり静かになりました。ただ今度はCPUクーラーの音が目立ったしまいます。静音のCPUクーラーに替えればよいのですが、後方の2つのファンに接触しそうで取り付けられるものは限られそうです。まぁ近い将来LGA775のマザーに載せ替えるのでそれまで我慢することにします。

CP-505WHの評価ですが、思ったより作業性も悪くなく(次回はMicroATXかMiniITXにするのでもっと作業性は良いでしょう)、デザインもそこそこ満足しています。冷却はこのサイズなので期待はしてません。ただAntecのケースに比べてみると特にプラスチック部分の作りがちゃっちいです。ドライブの蓋、前面パネルの蓋など直ぐに壊れそうです。まぁ値段なりなんでしょうね。

これで当初の目的はひとまず達成できたのでPC弄りはひとまず終了です。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://myststream.blog65.fc2.com/tb.php/621-77f52f4d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。