スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2012年釣行記No.18

 2012-07-21
20120721.jpg

7/21(土) 5:40~19:00 野池→青野 晴れ後曇(一時スコール)

久しぶりに東播へ遠征してきました。二度寝してしまったため予定より1時間遅れのスタートです。

まずはピンク⑦(タモ池)へ。上段はハスがビッシリ。手前1m位が空いていたのでTXで攻めますが反応なし。下段はヒシモだらけですが、岸際には小バス、ギルとも浮いていました。

取り敢えずワームで様子を見るとギルが先に喰ってきます。何とかギルをかいくぐって小バスを何匹か仕留めた後に、本日のお題のスピナベ響子さん登場。すると3連続ヒット・・・ギルが(笑)。ワームではなかなか釣れないサイズのギルも釣れてしまいます。小バスも追ってはきますが横の動きに反応がいまいちでした。それでも何とか1匹は釣ることができました。その後も投げ続けると2回ほど40UPが追ってきますが、喰うまでには至らず残念。

これは響子さんの威力なのか確かめるために、Dゾーンフライを同じように投げてみると、あれだけ追ってきていた小バス、ギルとも無反応。やはり響子さんの威力は絶大ですね。

上段に戻り何気にノーシンカーを投げるとコンコンを弱弱しいアタリが。小バスかと思ったら重い・・・。何とか岸際まで寄せてくると45cmクラスです。足場が高いのでハンドランディングできるところまで持って行こうとした瞬間ジャンプでフックオフ。またしてもやっちまいました。

フロロ6lbだったのでラインを持って引き揚げればよかったかも知れません。これでデカバス4連敗。これはもう2代目襲名間違いなしでしょう。やはりここはタモは必須ですよ。ここでは9匹で終了。

次に新規開拓の池に行ってみましたが、先行者3名ありでスルーしました。噂通りの有名ポイントのようです。

近くで良いとこないかなと思い、OKB!さんのメールを思い出しピンク⑭へ。ここもシャロー側に小バスが浮いてます。ノーシンカーの表層引きで面白いように釣れます。40UPのデカバスも数匹見かけました反応なしでした。ここでは8匹。

午後は青③-5へ。ヒシモがびっちりで投げるところが無いなぁと思っていたら雲行きが怪しくなってきます。ポツポツ来たと思ったら一気に降り出しました。車まで遠いので一旦木の下に退避しますが、とても防げる雨量ではありません。直ぐに止むと思ってジッと待ちますが一向に止む気配がありません。仕方ないのでずぶ濡れになりなかが車まで戻りました。

雨が止んだ後は地図で見つけていた近くの野池調査。良さげなところでしたが、駐車スペースを見つけられずに断念。今度ゆっくり探してみます。

さてどうしようか悩みましたが、青野の夕まずめ狙いすることに。上流に到着すると住人の車がない・・・。電話してみるとオダツインにいるとのこと。合流後公園前から入水。

まずは響子さんを投げまくります。バジングで直ぐにヒット。続けてもう1匹掛けますが取り込み中にフックオフ。おまけのギルも釣れました。
それ以降は反応がいまいちだったのでワームで小バスを追加。久しぶりに暗くなるまで釣りました。

<釣果> 24匹(最大27cm)
カテゴリ :釣行記 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。